太陽光発電、はじめました

環境面から見た経済的メリット

一昔前から見ると今の太陽光発電は経済的メリットが非常に大きくなっていると言えますが、もう一つ忘れてならないメリットが、環境保護という側面でしょう。
この環境保護という側面があるからこそ、国や地方自治体からも補助金が出ていると言えますね。
ご存知の通り太陽光発電は太陽光を太陽電池に当てることで電力に換えるシステムです。
従って当然発電そのものには燃料は不要で、稼働中も二酸化炭素を排出しません。
このように非常にエコでクリーンな発電システムであるため「グリーン電力」とも呼ばれています。
勿論太陽光発電システムを製造したり廃棄したりするためにはエネルギーを必要としますし、二酸化炭素を排出することになるわけですが、太陽光発電システムのエネルギー収支比は約10〜30倍と言われています。
つまり製造から廃棄に至るまでに必要とするエネルギーの10〜30倍のエネルギーを、つまり太陽光発電の場合で言えば電力を生み出すことができるということです。
これは他の発電方法と比べると、非常に少ないエネルギー量と排出量で電力を供給できる計算になります。
では具体的にどれくらい二酸化炭素の排出を削減できるか考えてみましょう。
例えば東京電力における二酸化炭素の年間排出量は約0.3kg/kWh。
一方、一般家庭で太陽光発電を導入した場合、3kWのシステムと仮定するとその発電量は年間約3000kWhとなり、この場合の発電には二酸化炭素の排出はありませんから、3000kWh×0.3kg=900kg、つまり900kgの二酸化炭素を削減できたことになるわけです。
二酸化炭素1kgは杉の木に換算するとおよそ71本分の吸収量にあたり、ガソリンに換算すると約420?を節約することに相当しますから、900×71=63900本の杉を植林したことになり、また900×420=37万8000?のガソリンを節約したことになるのです。
また先に述べました通り、太陽光発電のエネルギー収支比は非常に高く優秀であるため、石油やウランといった枯渇性の輸入によるエネルギーに頼り切っている日本にとって期待できる存在でもあります。
石油やウランによる環境問題に加え、輸入価格が高騰すると日本経済にとっては大きな打撃になりますが、太陽光発電であれば燃料を輸入する必要はありません。
ある調査によると、太陽光発電を50Wp導入すると、日本の年間石油輸入量の約4%を削減することができるそうです。
つまりクリーンで無限に利用できるエネルギー源を自国でまかなうことができるということなのです。

おすすめサイト一覧

  • 祝電についてはこちらのページがオススメです。

Copyright (C)2017太陽光発電、はじめました.All rights reserved.