太陽光発電、はじめました

停電時に電気を使用する方法

地震など自然災害の多い日本では、突然の、それも長時間にわたって停電が起こる可能性があります。
そのような場合に太陽光発電を導入している家庭であれば停電時でも電気を使用することができるため、これは大きなメリットになります。
ところがせっかく太陽光発電を設置しているというのに停電時に電気を使うことができるという事実を知らない人や、あるいはその使い方が分らず結局他の家庭と同じように停電に困らされる人は少なくないと言います。
これは非常に勿体無い話ですね。
そこで太陽光発電システムにおける停電時の使い方についてご説明したいと思います。
太陽光発電システムには「パワーコンディショナー」という装置が付いています。
これはソーラーパネルによって作られた直流電流を電化製品を使用することのできる交流電流に変換する装置ですが、同時にその家庭で契約している電力会社と電気系統が繋がっていて、これによって発電した電気が余れば自動的に電力会社に売られたり、夜間など太陽光発電では電力が足りない場合に自動的に電力会社から電気が供給されたりしています。
このパワーコンディショナーは停電すると電力会社との電気系統連係も停止してしまうのですが、停電した場合にパワーコンディショナーの設定を「自立運転」に切り替えれば、電力会社からは独立して、自家発電に切り替えることができます。
この「パワーコンディショナーを自立運転に切り替える」という手順を知らないため、せっかく太陽光発電を設置しているのに停電時に電気がなくて困ってしまう人がいるというわけなのです。
また停電時における自家発電では、非常用のコンセントからしか電気を出力することができません。
つまり通常使用しているコンセントでは例え自立運転に切り替えても電化製品を使用することはできないので、非常用コンセントに差し替える必要があるということです。
ちなみにこの非常用コンセントはオプション扱いになることが多いので、太陽光発電を設置する際に非常用コンセントも注文しておく必要があります。
もう一つ覚えておきたい点として、自立運転の場合の最大ワット数は、1500Wまでであるということです。
従ってエアコンのようなワット数の大きいものは作動しないかあるいは動作が不安定になります。
また電化製品を複数使用してトータルで1500Wを超えた場合も容量オーバーとなるので電気が遮断されて落ちてしまいます。
従って、エアコンや大型テレビ、オーブンレンジなどの使用は避けた方が無難でしょう。
また突然電気が遮断された時にハードディスクが壊れてしまう可能性のあるデスクトップパソコンの使用にも注意が必要です。

おすすめサイト一覧

Copyright (C)2017太陽光発電、はじめました.All rights reserved.